スピリチュアル

<歩くパワースポット>ショックアイさんは目の前の人生を楽しむリアリストだった。

歩くパワースポットショックアイさん

スピリチュアル、占い好きのはくです。こんにちは。

今朝のあさイチの企画に「あなたの待ち受けなんですか?」がありました。これは街行く人々にスマホや携帯の待受画像を聞き、どんな待ちうけが人気なのか調べるものでした。

子どもの写真だったり、風景画像だったり。近江アナのようにスマホを買ったときの初期画像のままだったり。

400人以上の方の待ちうけを調べた結果、いちばん多かった待受画像は湘南乃風ショックアイさんでした。

ゲッターズ飯田さんも太鼓判!歩くパワースポット

歩くパワースポット

以前、ゲッターズ飯田から「歩くパワースポット」と言われたショックアイさん。その後、ショックアイさんを待ち受け画像にしたところ「良いことがあった!」という報告が続いたそうです。

それが口コミで広がり、いまや待受画像ナンバーワン。

私はその話題すら知らなかったので、あさイチを見終わったあとすぐにスマホの待受をショックアイさんにしました(笑)。

ショックアイさんのツラかった幼少時代

ツラかった幼少期

歩くパワースポットと呼ばれ、順風満帆に見えるショックアイさん。でも子どもの頃は実親との関係がうまくいっていなかったようです。

頑張って成績をあげても、なにをしても親から認めてみらえなかったショックアイさん。

多くの子どもは親に褒めてもらいたくて勉強をがんばります。親の喜ぶ顔がみたくて誕生日に花を渡したり、肩たたき券を手作りしたり。

でも、ショックアイさんの幼少期は違ったようです。

親から認めてもらえないほど苦しいことはありません。幼くしていろんな経験をしてきたショックアイさんは、夢を見るタイプではなくご自身で「リアリスト」と呼んでいます。

たくさんの夢を見る子ども時代に、その根を実の両親に摘まれたということでしょうか。悲しいですよね。

だからこそ目の前の人生を楽しむ

運勢

だからショックアイさんは言います。

「目の前の迷路を楽しんでほしい」

ゴールが見えなくとも、試行錯誤して前に進む、そのことを楽しんでもらいたいと。もちろん子どもの頃にそう感じていたわけでなく、ツラかった過去を振り返ったときにご自身で気づかれたことだと思います。

すばらしい言葉だなぁ、と私は思いました。未来を夢みがちですが、現実にはまだなくて、思い描く未来を作るのは今の自分。

今自分が立っているこの場所を見失ってはいけないのだと改めて感じました。

自然と身についていた風水

窓ガラス

ショックアイさんのお人柄がステキだなぁと思った理由がもう一つあります。それは、キレイ好き。

スマホの待受にヒビがいっているにも関わらずそのままにしている方、けっこう多いですがショックアイさんはすぐ修理するそうです。

また、鏡やガラスをいつもキレイしているとか。光るものをピカピカにする行為はまさしく風水。

自分の姿が反射して映るものをきれいにしておけば邪気を払いのけることができるので、こういった行為の積み重ねが「善を積む」のかもしれません。

まとめ

「歩くパワースポット」で有名になったショックアイさん。なんとこの春本を出版されました。タイトルは、

歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣

いま何かに迷っている方、気づきがほしい方は読んでみてはいかがでしょうか。口コミ評価も高いので、大切な「何か」を見つけることができるかもしれませんね。

 

▼ポチっと押していただけると励みになります。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!