風水

風水で運を上げるなら | 玄関掃除はして損はない。

風水で運を上げる

占い、スピリチュアル好きのはくです。こんにちは。

昨年、賃貸から戸建てへ引っ越しました。通勤や環境はもちろん大きく変わったんですが、家に関係することで大きく変わったことと言えば『掃除』です。

賃貸暮らしの頃から徹底して掃除をしていた私(と言ってもガチガチに手入れしていたわけではありませんが)。

家族が出しっぱなしにしている本や洋服は見つけるたびに元の場所へ片づけてましたし、トイレと玄関も毎日かかさず掃除をしてました

掃除もルーチンになれば苦痛でなくなります。適度に良い環境を保っていましたが戸建てとなると、これまで経験したことのない掃除も増えちょっと戸惑っています。

気の流れの入口

お楽しみ抽選会

風水では、玄関は『気の入口』と言われてます。扉を開け閉めする玄関は空気の出入り口でもあり大きな換気口でもあります。

家の中の汚れた空気と外のきれいな空気を交換すると考えれば、『気の入口』といわれても納得します。

が、戸建てに住むようになり三和土の掃除が増えました。

コンクリートなので汚れがつくと取りづらいし、ぞうきんで拭こうにもコンクリートのでデコボコにひっかかり拭き掃除がしにくい状況でした。

毎日していたはずの玄関掃除が1日置き、2日置きになり、ふと考えました。風水にとらわれていたけど、もし玄関掃除を止めたらどうなるんだろう

玄関を掃除する理由

南天

風水はそもそも現代のような便利な時代に生まれたものではありません。物も十分なかった時代に生み出されたものです。

空気の汚れ、花粉症対策として当たり前にある空気清浄機も手の消毒液も昔はありません。じゃあ、昔の人はどうしていたか?

掃除です。

窓をあけ空気を入れ替え、家のなかのちりやほこりをほうきとちりとりで取りのぞく。
自分の手でできることは掃除しかなかった時代

「あの人が体調を崩したのはなぜ?」

「そういえば家が散らかっていた、ほこりっぽかった」

などから戒めとして(かはわかりませんが)、風水を使っていたのかもしれません。

気の入口と気の出口をきれいにする

龍神の存在

風水では気の入口は玄関、出口はトイレと言われてます。

昔の人の考えにならって『自分の住む家をきれいにする=自分が健康でいられる場所』と考えれば、玄関はほこりっぽくしたくないし、トイレはきれいにしておきたい

それに、お客さんが家に来た時まず目にするのは玄関であり、部屋の中を見られる可能性が高いのはトイレです(まさか寝室をみたり子ども部屋を見たりということは少ないはず)。

2カ所の手入れが完璧だったら、そこに住む人のイメージはグッと良くなりますし、掃除を怠っていたら・・・もうわかりますよね。

最近、こんな出来事がありました。

東京都の生計分析調査を頼まれたんです。職員の方が各地をまわっているらしく、ちょうど玄関を掃除していたときに声をかけられました。

その時、まっさきに頭に浮かんだのは「汚れた玄関を見られなくて良かった」です。

玄関しか見えない人にとって私のイメージは玄関の汚れとイコールだと思うんです。キチンとした人なのか、だらしない人に見えるのか。

ご近所さんにも同じことが言えます。隣に住む人は「きれい好き」と思われるのか「不潔」と思われるのか。

それって後々大きなイメージに変わっていくと思いませんか?

まとめ

風水の考え方は人それぞれです。

家をきれいにすることで除菌効果もありますし、換気後はきれいな空気を吸うこともできる。健康的に暮らすという意味合いで考える方もいますし、占い的な考えの方もいます。

私はどちらかというと占いよりでしたが(笑)、少しずつ考え方も変わってきています。もちろん占いや願掛けとして行っている風水もあります。

どちらにしても「行動に移す」理由付けとしては十分です。

風水の効果うんぬんは部屋をきれいにした後の話。もし、少しでも部屋の汚れが気になるなら、とことん掃除をしてみてはいかがでしょうか?

大きな変化はなくとも、小さな変化はきっと見つかりますよ。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


風水ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!