スピリチュアル

<スピリチュアル>私がホ・オポノポノを止めた理由。

どうも、はくです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

こちらのブログでは主に風水や運気アップ、スピリチュアルなことを書いています。が、私にスピリチュアルな力はありません。

好きなのでいろいろ調べたり、実践しています。

実践した中で思い出したことがあるので今日はそのことについて書こうと思います。

ホ・オポノポノとは

まず、『ホ・オポノポ』をご存じない方のためにウィキペディアより引用したもので説明します。

ハワイにおける、告白による和解と許しの習慣、社会秩序・家族関係を回復するための習慣、病気からの回復法・予防法である。または、それに想を得て作られたニューエイジのスピリチュアルな実践である。

ハワイで誕生した『ホ・オポノポ』。自分の中の潜在意識(インナーチャイルド)に語りかけることにより「心の底で否定している自分を肯定し認める」といったメンタルへのクリーニングです(ざっくり言うと)。

ハワイ語で「心の洗浄」という意味をもつ『ホ・オポノポ』。クリーニングと呼ばれるのもわかる気がします。

4つの言葉

愛しています
ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう

この4つの言葉を心の中で唱えます。

自分自身に対して。

自分自身を否定することは簡単でも、肯定して認める行為は慣れるまでかなり抵抗があります(笑)。でも、実践してく中でどこか心が解放されていくのも事実。

インナーチャイルドがイメージしにくい方は、架空の子ども(5,6歳くらい?)が膝をかかえて暗い部屋でうずくまっていることを想像すると良いと思います。

その子どもがあなたのインナーチャイルド。その子どもに心の声で語りかけてください。

何度も。繰り返して。

「愛しています」

「ごめんなさい」

「ゆるしてください」

「ありがとう」

ホ・オポノポとのであい

30代のとき、仕事もプライベートも上手く進まずに悩んでいたころ一冊の本とであいました。

ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」 [ イハレアカラ・ヒューレン ]

この本を読んで自分がいかにインナーチャイルドを雑に扱っていたのかに気づくことができたのですが、実践を続けることができませんでした。

ついつい、忘れちゃうんですよね。心の中で唱えることを(笑)。でも2,3日で止めたわけではなく、数ヶ月は続けました。

効果があったのかどうかはわかりません。わかりませんが今振り返ると、仕事も止めず環境が変わったこと、スタートは『ホ・オポノポ』かもしれません。

まとめ

スピリチュアルの効果はすぐに起こるわけではないのと目に見えない、気づきにくいものなのでスピリチュアルを否定する方も多いと思います。

スピリチュアルの効果は、忘れたころにやってきている。そのことに自分自身が気づけるかどうかが大切ではないかと。

私のインナーチャイルドは、少なくとも薄暗い部屋から外の明るい世界へ飛び出せました。また薄暗い部屋に戻りそうなときもありますが、自分自身がそれに気づいてあげられる、それが今の私ならできる、自分の大きな成長だと感じています。

自分を変えることができるのは自分

わかっちゃいるけどそれが難しい、と思う方は一度「ホ・オポノポ」を試してみてください。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


スピリチュアルランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!